カテゴリ

カテゴリ:アロマセラピー

アロマキャンドル作り

カテゴリ:
ミツロウと精油でアロマキャンドル作り。

P1010898

着色をするので、今回は精製された白いミツロウを使っています。
黄色はターメリック
ミドリは赤と青のマイカ
ピンクは赤のマイカ
赤・青・黄色の3色で色が作れます。

来月のお盆で差し上げられるよう静寂tranquiltyな香りのブレンド、
サンダルウッド、パチュリ、ラベンダー、イランイラン、オレンジなど3%濃度で。
P1010897


P1010858

多々良沼湖畔の暑い夏の1日


P1010857



夏越しの祓えのアロマ~お香作り方~

カテゴリ:
6月30日は夏越しの祓え
2022年の折り返しになりますね。
後半の息災を祈る神事ですがアロマの香りで。
P1010782

古代エジプト時代でも神事に使われている
乳香フランキンセンスと没薬ミルラ
長い間、解毒剤として使用されてきた歴史のある植物パチュリは
土のにおいの中にもスパイシーさや甘さ華やかさも感じる香りで
香水のブレンドにも使われます。
そこにさわやかなかんきつ集種類を加えることで
瞑想的な落ち着きの中に軽さや動きを出しています。


10ccほどのエタノールに精油を入れブレンドを確認します。
今回は15滴使用しています。
大さじ2ほどのタブ粉によく混ぜたら
さらに精製水を少しだけ加え練り、形成したら乾燥させます。

直接火をつけるとほのかな柑橘の香りが煙とともに上がり
徐々に乾いた木を燃やすようなどこか懐かしい香りが続きます。


P1010783

P1010796



初夏のハーブとアロマセラピー

カテゴリ:
温かいハーブティは心も体も温めながらたくさんの効果が
期待できますが
夏にはハーブの色素を利用する色鮮やかなハーブティーも♬

P1010696

マローブルーとレモンシロップ、 バタフライピーとソーダ、 
マローブルーとハイビスカスティー。

こちらはマルベリーの実Morus alba.
P1010704

マルベリージャムで。
P1010717



夏至の日のヒーリングアロマ。
P1010743


太陽のように穏やかに温めてくれながら
頭脳を明晰にし、血液循環も促進するような精油を組み合わせてバスソルトに。
カモミール・オレンジ・ローズマリー・ジュニパー・ベルガモットで。
ニコラスカルペッパーの太陽性の植物でもあります。
インドネシアの海水で手作りされた塩にブレンドしています。
Happy summer solstice.



自然香水講座のご案内

カテゴリ:
3~4月の1day講座は精油を使った自然香水2種を作ります。
1つは貝に入れるソリッドパヒューム(練香水)
5種類の貝のケースからお好きなものをお選びいただけます。
(手のひらに乗る5~7センチの小さいサイズです。)
P1010403
そしてもう一つはエタノールで作る香水(約15ml)
P1010407

どちらも精油を使ってオリジナルな香りを調香します。

調香についてはご希望によりお選びいただけます。
①香水のブレンド法則による組み合わせ
②精油の化学を考えた香りの構造による組み合わせ
③ヒーリング的な香りのブレンド
④お好きな香りを一緒に組み立てます。

P1010398

日程などはお問い合わせください。

オレンジとヤドリギのクリスマス

カテゴリ:
明るく心が軽くなるようなオレンジの香りは
華やかなクリスマスシーズンにピッタリの香り。

オレンジの果肉をくりぬいてキャンドルホルダーにしてみました。
オレンジキャンドル

キャンドルの火をともすとフレッシュな香りが立ち上がります。


こちらはオレンジボールのポマンダー。
クローブとオレンジが温かい大人のクリスマスの香りに。
オレンジポマンダー


今年は岩手県から届いたヤドリギ。

部屋

神様が宿る木、不死や活力を意味する伝説のあるヤドリギは
欧米ではクリスマスを彩る植物の一つです。
美しい造形の枝やキラキラ光る実を眺めて楽しんでいますが
暖房に弱いので、お部屋を暖めるときは外に出してます。

少しでも長持ちしてくれるとよいのですがとても繊細な植物。

このページのトップヘ

見出し画像
×