カテゴリ:
2014年7月6日
大清水から尾瀬沼を歩きました。
 
今年は10~20年に一度といわれているワタスゲの大当たり年、
大江湿原はどこを見てもワタスゲの大群生でした。
イメージ 1
水芭蕉とキスゲの境目の季節からか、はっきりしない梅雨空のせいか・・
空いていて静かな尾瀬。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レンゲツツジもたくさん
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日は燧ヶ岳の山開きでした。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑ 草原の中は2センチ?ほどの無数のタテヤマリンドウが群生しています。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハクサンチドリはあちこちに咲いています。
イメージ 6
 
オオバタチツボスミレは大型のスミレ
イメージ 7
ヒオウギアヤメ                            大群生していたキスゲは咲き始めでした。
イメージ 8イメージ 9