プルメリアの香水作り

カテゴリ:
連日猛暑続き、
近所の街頭にある温度計では昨日の午後40度を超えていました。

暑さで嬉しいこともあります。
本来、熱帯花木のプルメリアが庭の鉢で次々開花しています。

P1011553
バリ島では至る所で見られるプルメリアの木。

FU085_L
そして、この可愛らしい花から抽出される精油は
リナロールやネロリドール、エステル類など
ジャスミンやピーチのような上品で甘いフローラル。
香りは気持ちを華やかにしながら、リラックス効果ももたらします。


プルメリアはフランジパニとも呼ばれ、多くの香水で使用されています。
まず近所のデパートの売り場で香りを嗅がせていただきました。
P1011565

そしてブレンドした香水がこちら
P1011563

プルメリア/フランジパニにジャスミンサンバックをほのかに沿わせ
上品なフローラルを出しながらもゴージャスに、
トップにはレモンやピンクペッパーなどで爽やかな風で動きを
ラストノートはサンダルウッドやシダーウッドなどで
雨上がりの木々の香りをオリエンタル調で。

夏に活躍してくれるオリジナルフレグランスが出来上がりました。

アロマブレンドデザイナー講座のご紹介

カテゴリ:
今年に入り沢山の方に受講していただいている
AEAJ認定アロマブレンドデザイナー講座

自分好みの香水を自分で作れたら素敵ですね!
今日は講座を少しご紹介。

*オンラインの場合はこれらの教材をあらかじめお送りします。
P1011522

教材で使う香りは約50種以上の天然の精油のみ。

香りを様々なイメージに具体化しながら、
1種づつ丁寧に香りを分析していきます。

四季や温度、ファッションで表したり、
味覚や触覚など5感をフルに使い香りを表現


香りのブレンドの法則では
名香といわれる代表的な名作香水を再現しながら
フゼア
アロマティック
フローラルグリーン  etc..
などを習得していき、
最後は自分のイメージに合わせた香りを作り上げます。

P1011045-1


ご来校できない時はオンラインで対面授業に参加いただくことも可能です。
20230527_115433

アロマのブレンドに興味のある方、お問い合わせください。

夏至のハーブ

カテゴリ:
2023年6月21日
今日は夏至の日。

イギリスや北欧などでは、夏至の日に
ハーブや野の花でリースや飾りを作る風習があります。

1年で一番、太陽のパワーが強い夏至の日は
ハーブも最もパワフルな力を蓄えていると信じられています。
そんな夏至の日に、ハーブで丸いリースを作ると、
ぐるっと一年ハーブの力が続くそうです。

夏至の日にはスピリチュアルなハーブの使い方で。
P1011512




P1011510

まずは白樺。浄化と豊穣を表します。
太陽を表す黄色い花を咲かせる植物としてベニバナと
セントジョーンズワー、トミモザの枝

変化の起こるときに守ってくれるヤロー

浄化のラベンダーとセージ、タイム、ローズマリー、フェンネル

高い背丈の木は豊かな太陽の光を呼ぶそうで、これはユーカリを
香りのよいベルガモットやオルレアなどを
ぎっしり束ねています。

セントジョーンズワートは今にも花が咲きそうな勢いですが
今年はまだつぼみ
P1011521


今年も大量に花をつけてくれたラベンダーもドアノブに。

P1011496
Happy summer solstice.



このページのトップヘ

見出し画像
×