ハイビスカスhibiscuas sabdariffaローゼル使い方

カテゴリ:
ハイビスカスティー又はローゼルティーとして知られていますが
観賞で目にするお花と違いオクラと同じアオイ科の植物
ムチンが多く少しトロミがあります。
花が終わった後、がくを利用します。

4
P1018853

まずはスキンケアの利用法のご紹介から

ハイビスカスは植物酸(ハイビスカス酸やクエン酸など)を15~30%も含有し
PHは3以下です。適度に配合しますがお肌の弱い方は注意が必要です。


この植物酸をアルファヒドロキシ酸(AHA)として利用すると
お肌に残った古い不要な角質を取り除き代謝をUP、お肌を明るくします。

また、アントシアニン色素は紫外線や排ガスなどの影響で発生する活性酸素から
お肌を守る強力な働きがあります。

作り方:
ハイビスカスを1週間程度ウオッカにつけチンキを作ります。

手作りの化粧水。
ハイビスカスチンキ3ml・無水エタノール5ml・グリセリン5cc
ローズウオーター30ml・月桃ウオーター20ml・ネロリ2・ラベンダー3




P1018897


次にピンクのハイビスカス色のハンドクリーム
シアバター・アボカドオイル・ローズ芳香蒸留水・チンキを乳化させローズの精油を
加えます。手がしっとり柔らかくなります!
今までにたくさん作ってきたハンドクリームの中ではベストワンの出来。



DSC_1438 (1) (1)



次は食のレシピ

まずは簡単なのに、とってもおいしい「食べるハイビスカス」
グラニュー糖をまぶして一晩おきます。
シャキシャキして甘酸っぱいフルーツのような食感。
P1018870

塩漬けにしてユカリをまぶすとしば漬けの味。
P1018877
塩漬けのハイビスカスは
「花梅」としてブラジルでもあるそうです。まさに梅干しの味と食感。
P1018860

自家製大根の麹漬けにもハイビスカス。

ジャムにしてケーキにはさめばビクトリアンケーキ。
P1018869

以前作ったロシアンクッキー
P1018450

王道はローゼルハーブティ-
P1018901

少しアレンジしてパイナップルジュースと
P1017962











ハーブの琥珀糖レシピ

カテゴリ:
琥珀のようにキラキラする砂糖菓子をハーブで色付け。
外側は砂糖のコーティングでサクサク、中はしっとり。

素朴なお味で見た目もキレイです。
2


まずは色素を準備します。
①ハイビスカス(赤)・バタフライピーは少量の水につけ色を出します(青)
*バタフライピー水は半分に分け一つはレモン(又はリンゴ酢数滴)を加えます(紫)。
*ウスベニアオイの色素だと不安定です。
②脂溶性のカレンデュラの色素はウオッカに漬け抽出(黄色)
(キク科の苦みが入るのでお好みです)
③ドラゴンフルーツの果汁(ピンク)

P1018789

P1018791


鍋に水200ccを入れ寒天4gをとかし砂糖250gを入れ5分ほど煮詰めます。

バットにあけ、5分ほどすると表面に膜がかかるので
そこに抽出したハーブ色素をたらします。

P1018795


冷蔵庫で冷やしてからカット
1



このまますぐにも食べられますが、
乾燥機に入れるか、
または気温の低い冬なら寒い部屋で数日風を当てると表面に砂糖の結晶ができます。

3


今の季節は冷蔵庫に入れ早めに召し上がってください。
出来上がり。

月桃蒸留水で虫よけ

カテゴリ:
月桃は熱帯や亜熱帯に自生しているショウガ科のハーブです。
香りはショウガ様のさわやかでスパイシーな香りの中に、
すっきりした甘さと力強い土のエネルギー、

活力を与えながら温かさと落ち着きをもたらすような独特の香りがします。
月桃


沖縄産月桃の芳香蒸留水は日々の化粧水にもとってもお勧めですが
今回は残暑で活動が活発になっている「蚊」の虫よけスプレーの作り方の紹介です。

材料は月桃蒸留水30ml  無水エタノール5ml
P1018778


虫よけ効果のある精油はいくつかありますが、
月桃の香りを引き立てながらさらに奥深い香りになるブレンドです。

レモングラス 3  ユーカリ 1  ゼラニウム1  ベチバー1
エタノールに精油を入れ月桃蒸留水を混ぜます。

P1018777


香りで癒されながら蚊が近づいてこない。
P1018781


このページのトップヘ

見出し画像
×