夏のハーブ~  チンキと抽出油の仕込み。

カテゴリ:
長雨続きですが、雲の上では夏の太陽が輝いていて
ハーブの力が1年で最も高まる季節ですね。

そんなハーブの力をぎゅっと濃縮して保存できるよう
チンキと抽出油を仕込みました。



セントジョーンズワート。
太陽のあふれるエネルギーがつまったような色とたたずまい。
セントジョーンズワート

満開になった花とつぼみの枝先だけをオイルに漬けると
赤い色素が溶けだします。

フレッシュな状態のハーブをオリーブオイルに漬けるのが伝統的な方法です。
月の満ち欠けで丁寧に作られたオリーブオイルに3週間。
infused oil

オイルから花が空気中にでないように沈めるとカビの予防になります。
水分が多く、途中水滴がでてくるのでキッチンペーパーで蓋をするとよいかもしれません。
P1019603

明るい陽射しの窓辺において、毎日そっと瓶を振って混ぜます。
このまま3週間。

関節や神経の痛みに、ちょっとしたやけどの時もとっても便利です。



次はヤローのご紹介。
雨に打たれても倒れずずっと満開です。
ヤロー

生の花先をつかいます。
ドライより水分が多いので、50%以上のアルコールにつけてください。

-1


ヤロー

カビがでないよう、毎日みながら3週間おき後で濾します。
空気を浄化するようなさわやかな香りでいっぱいです。

たくさんの用途があるヤローチンキなので
いつか又紹介しますね。



最後にスギナ。
周囲が田んぼの親戚の家の庭から採取。

スギナ


こちらはよく洗ってから3日ほど乾燥させているので
40度のウオッカに3週間漬けます。
スギナ

スギナチンキ、ヘアケアや入浴剤にも良いです。


P1019609

2年目のセイヨウニンジンボクの花が咲きました。

セイヨウニンジンボク










ハーブ&クレイの石鹸作り講座のご案内

カテゴリ:
毎日使う石鹸、自分で手作りできたらとっても楽しく
使いごごちの良いものができます。

石鹸は苛性ソーダを使うもの、MPソープを使うもの、液体石鹸を使う
ものなど、たくさんありますが今回は作り方を覚えれば簡単にできる方法を
レシピとともにお伝えします。


全部で4種苛性ソーダは使いません。
ゴートミルク&クレイ2種類、レッドクレイとグリーンクレイは
ラベンダーとティトリーの香り入り。
シアバターなど手に優しい成分も加えます。
P1019434


カレンデュラ石鹸と紫根石鹸
カレンデュラの色素はハーブ、紫は紫根を抽出しています。
こちらもハーブのティンクチャー、ゴートミルク、シアバター
ゼラニウムやラベンダー、カモミールの香り入り。
(実際作成していただくのはオーバル形です
P1019376


全部でこれを4つ作成します。
石鹸の取り扱いの性質上、すべてご自分で作成していただき、
自己責任の範囲内で使用してくださいね~。

*ハーブや紫根の抽出方法、クレイのそれぞれの使い方や特徴などの講義が入ります。


時間は約2時間弱
受講料:3500円
いままでGARDENで受講いただいた方、サロンを利用いただいた方は2500円に割引させていただきます。)
材料費: 2800円
HPにあるメールでお問い合わせくださいませ。


浄化の香り~アロマフレグランス~

カテゴリ:
浄化Purifyに関係のある植物やハーブをブレンドしたとっても良い香りを
作ってみたのでご紹介します♪

P1019341 (1)

まず、ベースになっているのは
「ホーリーバジル」の芳香蒸留水。
「聖なる植物」、「幸運を呼び込む」といわれているこの植物は
エネルギーバランスを整え浄化とかかわりがあります。
落ち着きと活力、甘さとスパイスなど様々な要素がバランスよく
まとまった香り~
最初は独特の香りに??がついても
だんだん癖になるかもしれません💛

ここに、エタノールで希釈した
ローズマリー、ラベンダー、ジュニパー、クロモジ、フランキンセンス、ユーカリを
合計20滴。
日本や世界でそれぞれ神聖な場所で使われた植物で
気持ちを落ち着かせながら、その場所の空気を
クリアでキレイにしてくれるハーブや植物の精油です。

今日は新月ですね。
全部そろわなくても精油をお持ちでしたら香りで浄化、試してみてください。

*********************
GARDEN
群馬県高崎市
AEAJ総合資格認定校

このページのトップヘ

見出し画像
×